初めまして、ようこそ河原塾へ


たくさんの教えが詰まった塾超の著書(5冊によって勉強法・育児法・子どもの教育が網羅されています)

左から順に

■1冊目(2010)小中学生の勉強法(現在絶版>4冊目へ)

■2冊目(2012)受験生を持つ親への指南書、ベストセラーAmason教育部門1位

■3冊目(2013)幼児から小学生への育児法・才能の伸ばし方

■4冊目(2014)小中高生の勉強法(1冊目の大改訂版)

■5冊目(2015)幼児〜高校生を持つ親へ、そして指導者までへの幅広い親への教科書  Amason教育部門1位

 やる気】無くしてしまった子どもたちを持つ親御さまへ

【学校崩壊】この状況を打破して真の教育をしたい!学校の先生方へ


塾超がおすすめする「最強シンプル学習法」
【中高生〜大人のどんな学習にに必須な3つ】

1・LF=忘れ物リスト(AdLf) 覚えることを連鎖記述で記憶倍増する。

2・朝勉(朝学・生放送)参加 朝学での効率のいい学習、そして有効なMSで意識改革

3・PMS プラクティス(軽運動)、メディテーション(瞑想)&スタディー(勉強)

 

河原塾本校塾超 河原利彦
河原塾本校塾超 河原利彦

河原塾・KJとは”こういうところ”です。

 

■この塾がやっている事

1.成績を上げるために、すべての生活習慣を改善する。

  成績は、全ての正しい行動の結果として出てきます。それが、生活習慣だったり物事の考え方
  (マインドセット)だったりします。正しい行動で、最高の結果を得る練習をします。

 

2.成績を上げるために、今の自分をしっかり知る練習をする。

   成績が上がった人は、自分が今どういう状態なのかをよく知っています。人間は、嫌なことに蓋をしていい事

  ばかりを自分の都合で考える動物です。自分の弱点に立ち向かう勇気を持てるようにコーチングしていきます。

 

3.勉強することは、自分のためでなく、他人に何かを与えるため。

  勉強を続けられる人は、必ず、その中に何か楽しい”遊び”のようなものがあるからです。

  自分は本当はどうして勉強するのだろうか?この勉強がいったい何になるのだろうか?などということを
   明確に心から知ってもらう指導をします。

 

■この塾がやらない事

1.「定期テスト50点アップ」などという目先のためだけの勉強

  これが今の多くの塾がやっていること。残念ながらKJは、そんなちっぽけな事には興味はありません。

   勉強することは点数を上げる事ではなく、点数は正しい学習法を学んだ上で結果的に上がるものです。

 

2.◯◯高校、◯◯大学合格のために、というような受験をゴールにする勉強

  勉強を単に強いられた可哀想な小中高生は、その後、悲劇の道を歩むことになるでしょう。
    勉強の意味を
取り違えるような指導はしません。それは全て大人の責任であり罪だからです。

3.「頑張れば夢は叶う」「やればできる」などというような精神論を元にした指導

    夢ばかり見て理想ばかり追って、崩れていった子は数知れず。学問は全ての基本、夢見ることでも、理想を

  追うことでもありません。当たり前のことを当たり前にすることが先決なのです。

 

 

All rights reserved.(C)2016−2017 無断転記を禁じます。