ツバちゃんと親を ”本気で” 救う7日間プロジェクト

 

(最終更新5/26 22:14)

 

みなさま、毎朝の朝学のご視聴ありがとうございます。

今回は、パーソナルなものもありますので、ブログは控えて、HP内完全非公開の状態でサイトを立ち上げました。これをご覧の方は、塾超からの直の招待を受けた信頼の置ける方々だけですのでご安心下さい。(同じ意思を持つ塾生の親御さまですので、名前をあえて伏せておりませんのでご了承下さい。)

 


当人のお父さま、お母さまも、どうか、KJのご父兄様と一緒に、事象を客観的に冷静に見て、判断する練習をして今後に活かしてみてください。あえて初期のメールも掲載させていただきました。ありがとうございます。 *その他の詳細は、どんぶらこを参照下さい


●入塾前のメール

 

河原塾超様

長いmailで失礼致します。

ツバちゃんの母です。

月曜日は体験で大変お世話になりました。

息子は出来る子と付き合わず、勉強をしない子と付き合い、今年の2月頃から勉強を徐々にしなくなった我が子に困り果て勉強をもう一度復活させたいと貴塾のドアを叩いた次第です。

現在は宿題もやらずに夜遅くまでテレビ、ゲーム、ラインに明け暮れ、朝は部活の練習があるにも関わらず何度も起こされて行く始末、あるいは起きられずにサボル程の無気力さ加減です。
小学5年生から受験を目指し存分に自由時間を与えなかった事も一理あると思います。

これまで塾も3カ所通いました。
やる気も成績も生活環境も顔つきも何も変わりませんでした。
なにも習得できませんでした。
自信を付けるどころか失いました。
最近は衝突ばかりです。

こんな子が果たして目が、顔つきが変わり周辺を驚かす程の進化や変化を遂げることが出来る塾があるのか夫婦共に疑問を抱き、深刻に悩んでいます。

貴塾の体験を終えて外に出た後、自ら「塾に入るか・・・」とポロッと予想外の言葉が出ました。
とても嬉しい言葉でした。
が、私達も簡単に鵜呑みにはできません。今までと、現在をみても何でも面倒くさいと言い放ち、最初だけだろうと想像がつくのです。
ただ、少しはやろうという気がどこかの片隅にあるのかもしれません。

大変失礼な話ではありますが、塾に3カ所も通ったので懲りているのですが、今度こそは塾超様にすがる思いでお任せして本当に本人のやる気に火がつくのか、成績が上がるのか、生活環境、目、顔つきが変わるのか、息子の印象で意見を聞かせていただき判断材料にしたいと考えております。
一度でも成功体験をさせて自信に繋がればと思います。

正直に書かせていただきました。
ご面倒とは存じますが、どのようなお考えをお持ちかお返事を心待ちにしております。

悩み多き母より


塾超様

こんばんは。
本日、無事に授業を受けられたことに安堵しております。
実に2ヶ月ぶりなので本当に嬉しい限りです。
ありがとうございます。

なのに、心の中では喜んでるはずの主人が帰りの暗い車の中で眼鏡をかけてゲームをする息子に激怒。
明日のゴールデンウイークスペシャルも参加すると自発的に言った息子に何時からあるのか聞けば分からないのとの答え方に怒り。
こうしてどちらか一方の親が怒り、悪循環の日々です。

何とか時間をかけながら普通に良好な親子関係が築けなければ家族崩壊になりかねないと思うと…。
良くしよう、良くしようと考えているのに空回り。
こんな状況ですが、今後ともよろしくお願いいたします。


この後、GWSPがあり、ツバちゃんは、7時間を達成!

ちょっと意識が変わり出した。

 

しかし、執拗な親の支配の元、ツバちゃんは自ら動くことを覚えない。

ゲーム中毒は酷く、片時もスマホを離さない生活。

 

そんな中で、僕は独断で、彼に、「スマホ使用解除」を提案。彼はとても驚いたといいます。まだ、塾超というものを分かっていないので当然といえば当然。

その目的は、親支配のもと欲求が一切通らない環境を変えるために、大好きスマホをとことん使わせるという、唯一彼自身の欲求を満たすことにより、気持ちを整理させるためです。

 

そして、誰もが驚く、「注目のルール」をつけての即日実践となったのです。


まずは、昨日のWEB授業の後半に時間を延長して指導がありました。

新入生のツバちゃん(中2)は、ゲームをやれれば幸せでそれでいいそうです。

ただ、好きなだけ何時間でもゲームをやってもいいと言うわけではありません。当たりまです。

人間の生活には何でも基本ルールがある。

塾超は「ゲーム=勉強」と考えます。よってゲームにでも、普通の勉強と同じような基本生活習慣を設定しました。

 

●ツバちゃんに絶賛!子どもたちの感想に注目!

WEB授業後の生徒の感想では、多くの「ツバちゃん凄い」という声、「自分には出来ない」という声「ゲームでも真剣にやるというところを真似したい」という声。

子どもたちのいろいろなメッセージが飛び交います。子どもたちの輝く目も素晴らしいです。(特に男子)

 

これによってツバちゃんは何を思うのでしょうか?

何かの物事に関して自分で考え、それを意識させるところに狙いがあります。
自分のしていることの何が凄いのか?

生徒達は、そういうツバちゃんに期待もします。しかし、本人は、そうはいかないかもしれない。こころに葛藤も生まれてきます。そういう心の動きから自分の意思を作る練習です。

ゲームを止めるのも、続けるのも自分の意思ですから、どちらも可能です。

塾超は、そういう日々動く、子供をしっかり観察して、適切なアドバイスを毎日送り続けることが大切なのです。

 

5/26 2日目、朝学後から

 

昨日の朝学から

ツバちゃんのご家族は、ツバちゃんがスマホやゲーム中毒で、「家庭崩壊の危機」になっているそうです。

 

本人(中2)も、「どうして制限されなくてはいけないんだ!?」と抗議があるくらい、1時間ごとに制御されることに関して大きな不満をぶちまけていた。

 

そんな時に、僕がとった行動は、スマホ解禁、しかも内容は

「やるなら徹底してやれ、平日5時間、休日9時間をしっかりやる!」

「しかも、ゲームやったら勉強と同じようにLFをつけること!」

 

というもの。僕からの提案は、ツバちゃんにとっては素晴らしく、とても簡単なもの。

大好きなゲームを無制限に出来る環境を手に入れる代わりに、しっかり生活ルールを守って

やるだけ。1日無制限でゲームが出来るなんて夢のようです。

 

昨日は、ツバちゃんは学校が休講だったため、1日目が9時間から始まった。

 

ここからは、僕の指導とともに、全国の親御さまからの感想メールも入れていきます。

 

ーーーー

 

(お父さま)

塾超おはようございます。
昨日私は、web授業のかなり最後の方からでしたが拝見しました。妻の話によると息子はチラッと見てはゲーム。チラッと見てはゲームという感じだったということですが、私が見てる頃には色々な画像を駆使して見せていただいたことも有り家族中で画面にくぎ付けでした。
 
ほんとに翼の為に、沢山の時間を割いていただいて、ありがたく感謝すると共に申し訳ない気持でもあります。
 

その後いただいたメールは、大変ショックでした。  

 

   (以下省略、放送で紹介)

 

ーーー

(お母さま)

おはようございます。
今現在、朝学放送を主人がセットし、声をかけましたが息子は就寝中です。
大好きなゲームが出来るのに…。

私は、昨日の観衆によって息子が血祭りに上げられているような錯覚までおこしました。
スタートからモヤモヤしていましたが、今は何とも辛く複雑な気持ちです。

本当に精神年齢が低いのか、正常なのか、異常なのか、それともスタートしてしまったが為に辞めたいのに途中で辞めたいと言えないのか…。

ただ、夢中で何かを突き詰める経験をした事がない子なので、与えて下さった中2のこの機会に挑戦させていただくしか手はありません。
これを逃したらまた一から戻ってしまいます。

どう転ぶか分かりませんが見守っていきたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

5:50 主人が声かけしました。
   朝はやりたくないと布団の中です。

 

●本日の朝学でのトーク(約60分)

ツバちゃんへの直接電話でのアドバイスの後半〜親御さまへのメッセージ


放送後、全国の親からのメッセージ

 

息子がゲーム三昧だった頃の状況を思い出しました。
中二の休日に、毎週、毎週、最長約6時間ゲームをやり続けましたが、ゲームをやる前に5~6時間勉強していたので、ゲームを長時間やることは規制しませんでした。
 
昨日、ゲームのLFを書いた時、数年前のゲームの記憶が瞬時に出てきたのには、かなり驚きました。
「ゲームをやっていて初めて認められた」と嬉しそうでした。
また、「つばちゃんが困っているならゲームでもLFでも手伝いたい」と言っていました。
 
我が家も一時「家庭崩壊!!!!!」と思う時期がありましたが、朝学を毎日、毎日聞き、塾超の本を何度も読み返し、
時には塾超からお叱りを受けて、がっくりきても前に進みました。
 
先週も「自分のお金でゲームを買う」と息子が言いましたが
「自分で考えてみたら?」と言うと「うーん、保留にする」との事。
 
ゲームを辞めさせる事に執着していたら、親だけが苦しいのかもしれません。
早起きして、朝ご飯を作り、笑顔で送り出す・・・事に意識を向けたら自然と息子も変わっていきました。
私の場合、約半年かかりましたが、振り返ると早かったと思っています。
 
血祭りどころか、KJ生、親御さんは応援していると私は感じています。
ーーーーー
ななみ母です。
ばっちり聞いています!名指しで放送してくださって逆にありがとうございます!名指しで言われた方が気持ちいいです(笑)未だにまだまだみそババアですが、塾超に指導を受けながら少しずつでも変化していきたいと強く思っています。つばちゃんのご両親様のお気持ちは理解できますが、塾超は誰よりも私達の味方です。味方だからこそ誰も言いたくない事実を伝えてくださってます。命懸けで。みそババアがいかに凶悪な加害者か、私はこの数ヶ月で身にしみました。私が支配している中で、七海は自分なりに回避しながら真っ直ぐによく生きてきたと思います。塾超に言われた「暖かく突き放す」が今の私の指針です。つばちゃんのご両親様のことも、つばちゃん本人のことも応援しています。つばちゃんはすごい根性があると七海が言ってました!これからも塾超の配信を私も真剣に受け取って、これ以上、下の子供たちが私の被害者にならないように努力します(T ^ T)
昨日、塾超がテストの件ですぐにメールをくださったこと、七海はものすごく喜んでいました。また、朝いってらっしゃいのメールをいただいた時もスマホに向かって「塾超〜!いってきま〜す!」と声かけしていました♪( ´▽`) いや、返信したら?多分聞こえないから(笑)と伝えました。
いつもいつも本当にありがとうございます。


ーーー
つばちゃんへの指導、羨ましいです。

我が子も、とことん突き詰めて一つのこと、やれたことありません。
いろいろな習い事、全て中途半端で、
中学の部活も辞めて
私は、まだまだ好きな事が見つかっていないからこのようにと思うようにしていますが、それでも、
こんなことで良いのかと、心配しています。

塾超先生のもと、早起き習慣を、身につけることが、今は泰輝にとり、このことに値するでしょうか。
自分の意志で起きて自分の意志で朝学習するように、、、
うるさい母親を、明後日から返上します。
やるしかないですね。

しっかり、本人と、決めた時間
恐らくいまは、6時辺りです。
3回だけ、明るい声でしっかり、触れて起こして、
朝メール出す事、朝学習する事も
一回ずつだけは、言います。

で、朝起きる時間は、日々確認します。
朝学習の時間は、まだ難しいので、決めないで参ります。

いかがでしょうか?
今朝もたくさんの学びありがとうございます

ーーーー
お世話になります。
つばちゃんへの塾超の指導も母親の私たちへのご指導もとても楽しみに聞いております。
とても温かく子供の気持ちに寄り添ったアドバイスだと思いました。電気ショックはすごく効いてると思うので全然血祭りじゃなくて私たち親の味方だと思いました。子供は私たちが思っている以上に親の心を見抜いていて世間体で言ってるのか本当に自分の事を思って言ってるのか、わかっていると思うしそこを上手く抜け道探してずるい事やサボる事を覚えていくんだと思います。私は入塾する前にカンナに嘘をつかれるのがすごく嫌だったけど、「嘘をつくのは自分を守りたいから」「親に怒られるんじゃないか?」って想像してるのが原因だったと思うので自分がそんな風に追い詰めてしまったんだと思い反省しています。でも嘘はいけない、と思っていたのも私で大人になって嘘ついた事がない人なんていないし、ずるい事やサボる事も上手にやる事も知らなかったら過労死してしまうので嘘つきだからダメって思う必要もないか、、とも思いました。
ずっと成績は上がらなかったけど入塾してから「勉強は嫌いじゃなくなってきた」と変化があり今は「中学の先生が嫌いで勉強しなかったけど、ちゃんと先生のせいにしないで勉強すればよかった」と言っていて詰まらない嘘や虚栄心で結局は自分が損をしていたと気がついたみたいです。私も自分のやった事が自分に返ってきただけなので子供の心を傷つけた事を反省しています。
河原塾のようにモンモンとした親の気持ちを吐き出す場所を提供していただける所は他にないと思います。アドバイスを聞いていて「ダメな私」をいっぱい発見するけど、「子供のいい所」「他の塾生のみんなのかわいい成長」を感じてとても幸せです。
ありがとうございました。


ーーーー
ひなっしー母です。
今日も大変中身の濃い内容ありがとうございました。
本当につばちゃんは幸せですね。こんなに本気で塾超が話して下さるなんて。本当に羨ましいです。
ひなっしーは思った事をハッキリ言う子で、小学生の高学年の頃は仲間はずれにされたり
ひなっしーもその相手に仕返ししたりといろいろとありました。そのせいか、周りの子たちは、休みの日に皆んなで遊んだりしてましたが、あまり誘われず家にいるような事も多く、今でも休みの日は家にいる事が多く、友達があまりいないんじゃないのか?何で友達がうまく作れないのだろう。と、勝手に悩んだ日々もありました。つい最近まで。
でも、塾超のお話しで
塾超も1人遊びが好きだった、何でそれがダメなのか?とお話しされた時、やっぱり、今日のつばちゃんのお母様ではないですが、周りによく見られたい。という親のエゴでしかないんだと再確認しました。


つばちゃんのお話しはとても他人事ではなく、親の認識次第で
良くも悪くも子供は変わってしまう、更に生活習慣と食事の大切さを改めて実感しました。
ななみちゃんのお話しもとても、興味深かったです。

まだまだ、私がひなっしーに塾に行かせている。ひなっしーはしぶしぶ行っている。という感じかもしれませんが、少しずつ
勉強をする意味を理解し、そのために前に進めるようになってほしいと思います。
本当に勉強になる話をいつもありがとうございます。
ひなっしーも今回のテストで
タケちゃんと同じように
苦手な科目に取り掛かる気持ちを強く持てない様ですが、
それでも苦手だった理科を頑張って勉強していた事は、すごく立派だったなぁ〜と嬉しく思いました。
社会は死んだ。。。と言ってたので、相当ヤバイようです。笑。
でも、目の前のテストの点数にはもう、私はオロオロしません。これも全てKJで学ばせてもらっているからです。
長文失礼いたしました。
今日もありがとうございました。

ーー

おはようございます。

本当執着、妄想しなければ楽なのに〜って思ってしまいます。苦をうむだけ!本当納得。

私も色んなゲームをして来ました。
ゲームのやり過ぎで、頭が痛くなり、薬を飲んででもゲームをやり、トイレで吐いてでもゲームをやる。

子供達のゲームの世界より、大人達のゲームの世界の方がアホがいっぱいです(笑)
月に三つのイベントがあると、そのイベント毎に何十万の課金をするのです。何百円じゃなく何十万もです。
欲しいキャラクターや欲しいアイテムを手に入れるのに、ガチャ課金したり(笑)結局自己満足なだけですよ。何十万も何百万も課金して、データ飛んだらはい終わり〜(笑)

つばちゃんママの血祭りもウケました。つばちゃんママごめんなさい。

当時者からしたら、笑い事ではないのだろうけれど、一歩引いて別の角度から見たら笑えます。まだ入塾して間もないし、塾超先生の親への授業あまり受けてないから、無理かな〜なんて先輩ヅラしてみました(笑)

色んな子供達が居て、色んな親御さんが居て、色んな話を聞けて、私は勉強になってます。だからつばちゃんのこれからどうなるのかも楽しみ。タイガ君を抜く伝説の人になるかなぁ〜とか(^_^)

他の塾ではこんな事やらないですからね〜。ホント入塾してラッキー!

 

ーー

西茨城 高1いっせいの母です。
いつも子供たちや親へのメッセージありがとうございます。日々、確認してますが、忙しさにかまけてなかなかアウトプットしていませんでした。
 
この2日間の朝学時の塾超のお話、出勤前でばたばたしている中、途切れ途切れで聞いていて、気になって仕方ありませんでした。
昨日、ブログにupされていたのを早速聞き、今日もつばちゃんとのやり取り、家族で聞いていました。
途中、送迎で抜けてしまい、帰宅すると、母が血祭りの話をしていました。
全て把握しているわけではないので、推測で意見することを許してほしいのですが、
 
つばちゃんへの今回の塾超からの指導、対応、素晴らしいと思います。塾超の一言、一言にうなずいてしまいます。思わず、感想を送らずにはいられませんでした。
その指導が直接受けれらる事、わたしは親としてすごく羨ましいです。うちの子にもお願いしたいくらいです。
 
一般の塾では、勉強は教えてくれますが、河原塾のように子供や親の気持ちに沿ったメンタル指導、生活習慣については全く関心がないですよね。
合格率やらどれだけ有名校に入学させたかがウリです。学習をみて終わり。その方が指導者も楽ですし、効率もいいです。
河原塾超、塾長先生方は、違いますね。
子供や親におべっかも誇張もない。一般の塾では、きっとクレームになるだろうということもあると思います。
それなのに、何故子供や親がついてくるか・・・。
真剣に向き合ってくれて、嘘がないからだと思うんです。
 
いつも思いますが365日、朝から朝学への呼びかけ、これって普通の指導者、出来なくないですか?いわゆる、ただ働きです。
自分の自由時間無料で奉仕しているんですよ。(塾超はそう思ってないと思いますが)
 
今回のつばちゃんへの指導だって、別にやらなくてもいいと思います。他の子供と同じ指導、対応だって出来ると思うんです。それを何故あえて行うか、朝学のあの場でも・・・。
その本質が見極められれば、おのずと答えが見えてくるのではと思います。
私は、今この時期に塾超に出会えて、つばちゃんはラッキー、導いてもらえるお母様はお幸せだと思います。
必ず、変わると思います。お任せしてぜひ、じっと経過を見て頂きたいと思います。
塾超が仰る通り、うちでは家族で応援していますよ。他の方も同じ気持ちだと思います。
 
私も、長い間悩んでいたことを、以前塾超に取り上げて頂き、子供への執着だと気付かされ、心の閊えがとれました。
同じように、他のお母様方からの返信、反応に励まされました。
今は、自分の立ち位置が明確になり、子供への対応がぶれなくなりました。
子供に「言われな過ぎて逆に怖い」と言われます。
気をつけているのは、子供の日々の様子を観察すること、朝起こすのと、早く寝なさい。と言うことです。
 
それと、スマホ、ラインの件ですが、
高1になっても、スマホは、悪だと思ってます(笑) 相変わらず、ラインに関しては、馬鹿になるからと、やらない。と言います。
クラスでスマホでないのは、うちだけ、もちろんラインをしていないのもです。
また、大人の悪い癖で、スマホやラインがないと友達との関係が希薄になってしまわないかと気になり、
スマホ解禁後にうちも替えようと思っていましたが、「いらない。」と言われてしまいました。
本人がまだ自分には必要ないと判断しているようです。
食品に関しても、スーパーに行くと、時間をかけて成分表示を確認しています。今では、子供の方が詳しいです。
個人やグループ研究でも、添加物の研究をするそうです。
少しづつですが、子供も私も変わってきています。高校卒業を機に、気持ちの上で子離れが出来るようになるのが目標です。
 
今回も、つばちゃんのこと、子供の褒め方、親にも子供にも改めて考える機会を与えて下さりありがとうございました。
 
 
PS.機会がありましたら、子供が精神的に落ちた時、(頑張っているのに思うようにいかない、テストの点数が下がる、部活の試合に負けるなど)の親の対応、言葉かけなど、ご指導お願いします。

 

ーー

塾超様

こんにちは。AD生なぎとの母です。
今日も朝学のお話をきかせていただきました。

塾超の、つばちゃんのお母さまへの言葉は、自分に言われているように思いました。
私も妄想で突っ走り、こどもを犠牲にしていることが多々あると思いました。
親の立場から見ると心配で心配でたまらない気持ちになります。
うちは一人っ子ということもあり、随分過保護にしてきてしまいました。

なあなあの優しさでは、なにも解決しない。
荒治療が必要なことがある。
それには、大人もこどもも本気で取り組むことが大切なのだと感じました。

ふと、もしも自分が今、こどもの立場だったら、
つばちゃんの状況をどう見るかなと、自分なりに感じてみました。
すると。

つばちゃん、ゲームを本当にやりきったらすっごいな~~!
がんばれ~!!

って、純粋に思うのではないかなと思いました。
(あの、画面の男の子の食いつきようには笑ってしまいました^^
先輩みやちゃんのLFは光っていました^^)

大人は・・・というか私は先のことばかり心配し、このままではこどもがダメになってしまうと、ささいなことですぐにそう考えてしまいます。
でも、こどもはそんな先のことではなく、今、ゲームに真剣に取り組むつばちゃんを心から応援しているんだなと、そんな気がしました。

条件をしっかり守り、生活習慣をしっかり守りながら、とことん取り組む。
これは勉強でなくてもいい。
塾超のおっしゃるように、これもひとつの勉強・学びなんですね。
学びにするには、条件を守り、記録をとっていくことが大切。

そういった中で、気持ちの変化があればその都度アウトプットし、塾超に伝えていく。
そうして塾超のアドバイスをいただけることは、素晴らしい環境だと思います。
未来は誰にもわかりませんが、無用な心配はせずに見守ることや、こどもががんばった時にはアイメッセージで素直に自分の喜びを伝えることなど、私も学ばせていただいています。

塾超はいつも本気なのだ。
そう、改めて感じました。

今日は朝の瞑想の時間、私も瞑想しました。
(あぐらが痛くてかけなくて、こりゃ整体にいかねばと思ってます^^;)
なぎとも、参加していました。
「瞑想ってわかる?目を閉じちゃだめなんだ!手をこうやってこうやって・・・」
と説明してくれました。
「意味がない」などと言っていたのに、いつの間にか変わっていました。

今日も、ありがとうございます。


なぎと・母

 

ーーー

おはようございます。今日も興味深く聴いています。

つばちゃんのご両親の気持ち、自分も同じ立場ならそう思うと思います。思っている時点で私もまだまだミソ親ですね。でも、血祭りだけは違うと思います。少なくとも私は、つばちゃんが自分で決めて行動を起こしている姿は、本当に凄いと思ってます。今後、どういう結果になるのか、どういう判断をつばちゃんがするかは分かりませんが、見守っていきたいです。

最近、私は塾超にハマっているなとつくづく思います。私は、子供達の前では大きな声で言えませんが、テレビが大好きで一日中つけっぱなしの日が多くありました。子供達が勉強をする時とか、見たいテレビがある時は譲っていましたが、見ていない時間の方が圧倒的に少なかったです。塾超のおっしゃっているクソワイドショーが大好物でした。でも、朝学を聴き始めてテレビを消すのが日課になり、その後子供達が学校に行った後は朝学を切ってテレビをつけていたのですが、このつばちゃんの話がきっかけで、朝送り出した後、急いでまた聴いている自分がいました。しかも泣きながら・・。テレビを見たいと思わなくなっている自分がいました。きっと渉太よりも私の方が塾超にハマってます!
家事が済んだ後も以前のトークライブを見たり・・。
私の事はもういいですね・・。

渉太は、朝自分で起きる時間を決めて私が起こしています。起きるまで起こしていましたが、起こすのは一回でいいのか迷っています。結局起こされてるからなのか、頭は覚醒していなくて寝ぼけたままです。メールも言われたまま私が打って送信ボタンだけ押していました。朝学で他の子に「メールは自分で打って」というのを聴いて、「うちもだ〜」と焦りました。
まだまだミソ親、ミソガキ親子です。
今後とも、ご指導お願いします。

 

---

いつも大変お世話になっております。
毎朝、塾超の叱咤激励の生発信、楽しみに拝聴し、元気な朝のスタートを切っております。ありがとうございます。

この度のつばちゃんの件では、うちの息子にも似たような傾向性があり、私自身も、つばちゃん母の気持ちもわかりますし、芯の強いつばちゃんへの大応援の気持ちと混ざり合って、ハラハラドキドキ複雑な気持ちで聴いておりました。

でも、今朝、塾超が、"つばちゃんはみんなのヒーローなんだ"
の言葉を聞いた時、朝食の手が止まり、ひとり大泣きしてしまいました。

なんて温かくて慈悲深い言葉だろう。と。
一人一人の人格を尊重し、認め、道を開こうとしてくれているんだ。と思いました。

うちは河原塾へ入塾して2ヶ月が経とうとしています。
息子にも、自分の道を探せるように、私も陰の応援者となって見守っていきたいと思います。

今後ともご指導お願い申し上げます。

塾超!!12日間の修行、ご無事を祈っています。
お気をつけて。

-------

3日間 お話をきかせていただきました。大変興味深く身近に思える話ばかりです。

私が思った事は、つばちゃんやつばちゃんの父母の事が大変羨ましいです。真剣に塾超が向きあってくれて凄い事だと思います。
血祭りにあげられてるなんてとんでもないです😱

つい最近ですが、私も危なく妄想で大賀にiPod を与えようとしました。
理由はつばちゃんのお母さまと似た様な事です。

野球部でも3年生14人中LINEやってないのは4人です。
初めは2人だったのが、段々と増えていき、理由は全くつばちゃんちと同じです。

だけど買い与えた母さんの中には、やはり寝るまで離さなず、親とも口を聞かなくなった、何やってるのかわからない?といい事はききません。
皆んな持たせもののやはり悩みの種になってるようです。

私も野球部の母さんの中で唯一1人LINEをやらず過ごしていましたが、別に困る事もなく過ごしていました。

小学生の時もDSを買ってあげず、6年間過ごしました。
中学生になってからDS買ってあげようか?
ときくともう要らないよと返答してきました😁

中学生になってもこのまま乗り越えてやる‼︎と思ってましたが、春休み開けに大賀が家に帰ってくると
LINEやってないからクラスの女子と喋れなくなった!
と言うのです。⁇?
クラスの女子と喋れなくても男子はいるでしょ・・

大賀の様子をしばらく見ているとLINEやってないからLINEやってないからが口癖のように言うようになり、かなりLINEのせいにしていました。
本当は自分の心の持ちようなのに‼︎

様子を見ていると野球部の仲間とも何だかサッと帰ってきたり、仲間に入ってないのかな?と思ったり少し心配になりました。
自分に自信がなくなっていき、それが野球にも繋がっていくようになりました。

そこでやっぱり買ってあげた方がいいのか?と私は迷いました。大賀の心の持ちようだとわかっていましたが、主人に相談しました。

主人もLINEを始めばかりで、こんな危険なもの中学生にはやらせられないと反対されました。

私もやってないのに人には進められないので、体験してみようとLINEを始めたところ、便利は便利ですが、やはり中学生にはトラブルの元になり、危険な気がしました。
野放しで、約束なしではやらせられないと判断しました。

うちは何故LINEをやらせられないかを箇条書きにして、もしやるなら約束事を決める。約束も箇条書きにして大賀に渡しました。
そして話し会いをしました。
本人は野球をやってる時はいいのだか、終わった時に皆んなLINEのゲームの話になり入れない。と言っていました。

それでも、どうしてもやりたかったらLINEをしていなくて困る事を箇条書きにして書いて持ってきてと主人が言いました。
本人は何日かしても持ってきませんでした。

本当は究極に本人はあまり困ってなかったのかもしれないです。大賀自身の心の中の思い込みと、私の大賀が持っていない事が可哀想と思い込みの妄想だったからです。

だから家は買いませんでした。
でもそのかわり、たまたま私の携帯で大賀の友達と繋がってしまい今は私のスマホでLINEをするようになりました。

ですが、自分の物ではないので、中毒になったりグループも2つのみ、広げたりしなく、連絡を取り合うのに使うだけで、今はそれで大賀自身も満足してるのか買い与えてる必要は完全になくなりました。
今はあー良かった買わなくてと言う気持ちです。
つばちゃんちの話が出て皆んな同じ事を悩んだりしていると思います。

親自身が心を強く持たないと周りにふりまわされたりすると思います。
だから私もこの機会に瞑想してみる事にしました。
先生も瞑想の修行に旅立つ⁇
凄い勇気だと思います。
先生の朝学がない期間さみしいですが…

先生に先日お会いしてブッタの話をききました。
本を大賀が持っていたのは知っていたのですが、なかなか開いて読む事はしませんでした。
先日朝学で小学6年生の子が
身体の事で帰り道言われ悩み先生に相談しようとしたところブッタの本を読んだら解決した。と言うのをきいて
えっ‼︎
6年生が読んだだけで解決出来るんだ‼︎
これは読むしかないと開いてみました。
今、まさしく野球部の母さんの1人の人と嫌な事があり、腹が立ってばかりいました。
読んでみるとはじめっから
わぁ 私に言ってる‼︎
2ページ目を見るとまたこれも私に言ってる‼︎次ぎから次ぎに読んでいくうちにとても楽になりました。

話が逸れましたが、とにかくつばちゃん家族のお陰で凄く為になっています。

長々とすみません。ありがとうございました。

 

ーーーー

塾超こんばんは。本校すずか母です。
一昨日から、ずっと朝の配信でツバちゃんスペシャル?を聞かせていただいております。
今朝も8時20分まで聞いていたのですが、残念ながら最後の頃を聞けなかったので、ぜひぜひ聞かせてください。
塾超の愛情こもったご指導、とても心に響いています。
ツバちゃんのお母さんは、まだ入塾間もないので、まだ理解できないのでしょうか?
ここまで真剣にツバちゃんに向き合ってくださっている塾超のご指導を。

また、改めて感想を送ります。
すずかは明日、修学旅行から帰宅しますので、すずかにも聞かせたいと思います。

ーーー

一連のツバちゃんのお話しを聞いて、改めて感じた事があります。
それは、塾超のお話しは親を楽にしてくれて悩みから解放してくれる魔法のようだということです。
私も色々バカな相談をしました。毎回、明確で目からウロコの返答をいただき、何度救われたことか…
これからもバカな相談をすると思いますがよろしくお願いいたします。

 

ーー

お世話になっております。
我が家でも五年生の息子とゲームについて話し合っていたところで、自分の事のように感じました。つばちゃんの事を全く知らないのに我が子のような気持ちです。ウチの息子は中毒とまではいきませが楽しい事が第一なのでゲームをダラダラするのが心配なのです。
この時期につばちゃんの話を聞いて、私も子供たちもこの挑戦?に、すごい‼と感じました。私なら他のいろいろな事が気になって、こんな挑戦にふみきれないと思います。ただ塾超の、自分で責任を持つという言葉から、我が家はどうする?と話し合う機会をいただきました。今度のつばちゃんやお母さんを応援しています。是非、非公開も見せて下さい。よろしくお願いします。

 

 


ツバちゃん(お母さま)

 

塾超様

先ほどは熱い朝学トークをありがとうございました。
我が家だけの問題対応をして下さっておるのかと思いきや、他にも問題を抱えている方々の
対応をしていることに驚きました。塾以外の大変なお仕事をされているんだと感動しました。日々、お疲れ様でございます。

プロジェクトが始まって常に気になって考える事が多く、仕事が手につかないので今日は休んでおります。(仕事は研究所関係です。)

本来ならば相談所や、施設、病院等を探し回って対処するに値する内容を、結局の所、
塾超に問題を取り上げてもらいお世話になっている次第で、この事がいかにありがいことかと感謝しております。
無料でとは言わず、相当の請求をして下さい・・・!。

「血祭り」・・・思い当たる表現がなく使用しましたが、せっかくの善意でプロジェクト始動させた塾超様をひどくお怒りの部分に触れられました事、お許しください。
ここ数日の閲覧数が増えている事が気になっていたので、
面白おかしく見られていると無意識に錯覚し妄想が始まってしまいました。
私は自分の事は何でも出来れば話したくない、隠したいと防御反応が起こります。
それと同じかどうか分かりませんが。
ただ、息子は息子、関係ないですね。
妄想を断ち切るには、修行しかない、行くべきかとこの頃考え始めております。
(塾超様と違う場所で・・・)


手遅れでない事、安心いたしました。言って下さる方がいるだけで本当に心の救いになります。
大きな可能性をまだ秘めています。余計な肥料を与えず、必要な時だけ与える事ができるように努めてまいります。

そして今は見方を変えられました。塾を通して応援して下さるお子様やお母さま方がいる事、大変ありがたく、励みになっております。
今朝も知らなかった事、学んだ事、多くの気づきに出会えました。
言わずにはいられない性分と被害妄想をまずは改善できるように努力します。

ありがとうございました。

 

●塾超からの返信

お母さま、
OKです。

そうなんですよ、お母さまだけじゃないんです。
はっきり言って、お母さまは特殊ではありません。

どうか安心して下さい。
ただ、僕の言う事に関して、まだ大きな摩擦があるとは思われます。

その時は、常に、これが最良の方法だと思うことです。

 

お金だなんて・・・
まったくそのようなことは考えておりませんのでご安心下さい。

>妄想を断ち切るには、修行しかない、行くべきかとこの頃考え始めております。
(塾超様と違う場所で・・・)

 
これも、焦ってはいけません。
少なくとも、病的療養や現実逃避のためにそのような事をしても意味がありません。
修行は、精神が健全でないといけないと思います。

まあ、もうしばらく待ってて下さい。
さらに進化した塾超が、戻ってきます。
それから、たくさんのことをお伝えしますので、ご安心下さい。

まずは、毎日の手動瞑想を無心でしっかりやって下さい。
朝晩10分〜20分です。まずは、6/1から12まで、塾超と修行をで

しっかりとやって下さい。

 

この後も更新は随時続きます。

 


ツバちゃんお父さま、お母さまへ

 

僕は思いますが、これだけの親御さまが、同じ思いで、ツバちゃん親子をしっかり見守っているんです。それを知っただけでも元気になれる気がしませんか?

 

全ては今からです、元気をだしましょう!

 

22:03 親から報告あり

 

なんとまだ風呂に入らず、ゲーム続行中だと・・時間は9:55

LF2枚は、確実に作成完了

良くなっています。

 

しかし・・・

《追送》
こんばんは。
LFを1枚添付いたします。
5/26(木)
PM9:50現在 入浴せず。


よろしくお願いいたします。
PM9:55現在 ゲーム中。
以上です。よろしくお願いいたします。

今日も、ルールを破っているので、すぐに電話を要求。

 

電話で、ちょっと締めました。笑

(締め方は秘密、誰もがビビる)

あまりにも、バブ過ぎて、かなりキツい

刺激が必要と判断。

 

これでビビらなかったら、相当やばいくらいらい不感症です。

 

22:15

●お母さまより

夜分遅くすみませんでした。
やっとお風呂に浸かっています。

塾超様のお言葉なら一発です。

本日もプロジェクトサイト本当にありがとうございました。もう、あれよあれよと展開が進み何が何だか分からなくなってます。
またご連絡したいと思います。

失礼いたします。

 

ーーー

Q、「どんな感じでしたか?」 塾超からの質問

 

すみません。ご報告が漏れていました。
塾超様との電話を切った後、かなり焦っている様子でした。
動きがとても早かったです。
となると、何を言われたのかとても気になりました。
お風呂も早く切り上げ、髪はビショビショで、急いで布団の中に入っていきました。
なんでしょう、異常な速さです。


 

ーー

 

3日目

 

今日の朝のお母さま報告

ーー

おはようございます。
昨日は夜遅くまでご迷惑をおかけいたしました。
 
5/26(木)22:20 就寝
5/27(金)5:20 起床&ゲーム開始
 
なんと私たち1回ずつの朝の声掛けだけでツバちゃんは起きました。
塾超効果です!
 
なんと妹も5:30に起き出してきました。
妹は訳ありで5:30に起きると約束したのですが今まで約束通り起きてきたことはなかったので驚いています。
 
以上途中経過報告です。

 

ーーー

見よ!この素晴らしいLFを。

朝送られてきたLFです。

 

たった、2日でこんなに素晴らしいまとめが出来るのです。

どうして?

 

それは、好きな事を思う存分しているからです。

 

このように、LFをどんどん仕上げ、ゲームをしながら、実は勉強に必要なスキルを、無意識に作り上げているわけです。

 

何をするにも本気でやれば、大切なものを得ることができるわけです。

 

 

7:15 電話で「ツバちゃん」と会話10分程度

 

この会話で、大きな変化がありました。

これまでの、ツバちゃんとは違った、声のハリ、意識の高揚がみられました。

 

7:48 メール

塾超様
塾超様に学校行ってきますと言ってくれbyツバちゃん

 

なんと! 僕にあいさつするようになりました!笑

 

ーーー

塾超様
 
私たちの支配下における生活では息子の目は曇っていました。
この2日間・・・
電話での声が全てです。
声が高くハキハキと自分の意見を伝えようとしている姿にハッとしました。
涙でPC打てません。
 
短い時間で人は変われるなんて思ってもみなかったです。
いえ、変われるはずもないし、あきらめてました。
塾超様、すごいです。
探し求めていた塾超様に出会えてよかったです。
すみません、感情がこみあげ打てません。
またご連絡いたします。

 

 

 ●親からの反応

塾超さま

おはようございます。
中2AD生昇太の母です。いつもお世話になります。

朝学の親への授業、とても考えさせられます。
途中までしか聞けないので、URLをお送りいただきたく、メールしました。

つばちゃんの件、塾超や塾生がすごく彼に寄り添っていて
心強いなと感じました。

欲をなくして、子どもへの支配をしないで
おだやかに接することが出来るように、
塾超のお話を繰り返し聞きたいと思います。

分かっていても、行動できないで、
ついつい叱って、怖い顔ばかりです。
私が変わらないといけないですね。

今後ともよろしくお願いいたします。
ーーーー

林七海母です。いつも本当にありがとうございます。今日は七海がいないので朝ゆっくり寝てもいいかなぁと思っていましたが、いつも通りに目が覚め、塾超の励ましが聞きたくていつも通りに聞いています。頭痛は大丈夫ですか?体調が守られますように。
つ ばちゃん、なんだかすでに大きく変わりつつあり、自分の子のように嬉しい思いです。伝説になる予感のつばちゃんプロジェクトをリアルタイムで聴かせていた だけることもとても感謝です!また、せいくんのお話もためになりました。河原塾に入塾しなかったら、きっと自分の家庭だけが苦労して悩んでいるような妄想 にやられて結果子供たちをつぶしていたと思います。塾超が「お母さんだけじゃない」と励ましてくださり、他のご両親様のメールを拝見してまたさらに励まさ れ、私は少しずつ前に進んでこられたと思います。つばちゃんのご両親様の苦しみも、私にとって改めて子供への欲を考えるきっかけとなりました。ありがとう ございます。つばちゃん、つばちゃんのご両親様、応援してま〜す‼︎
塾超に心から感謝しつつ、また明日も配信を楽しみにしています。

ーーー

おはようございます。
のりパリです。
昨日、車の中で聴き、そして今日また聴きました。
感動しました。
親 の妄想で子どもを支配してしまうことに私自身もドキッとさせられました。つばちゃんのお母さんと同じように私も子どもを過保護に育てていたのです。うちの 場合、娘が他の子より細く小さかったのでいつになっても赤ちゃんを可愛がるように接していました。小学校時代から姉はそんなこと自分でさせたらいいの!私 は自分でやってた!と話していました。確かに…と思いながら、でもやっぱり心配でいました。入塾し、親への授業、マインドセットを受けているうち、課題の 分離、結末を体験させる、そうだ、笑顔で突き放そうと心がけました。そして、そのままの娘を認め、見守ることにしました。忘れてしまって反省することも多 いですが。
失敗から学んでいく娘を見るのは、はらはらドキドキですが、自分から行動するようになり、おぉ!と驚くこともあります。
先日の中間テストでは、帰ってきて、答え全部埋められた〜!と話していました。結果がかえってきて、点数はとれなかった〜、と。そう〜、そっか〜、の会話ですが、こういう会話今までなかったのでそれだけで、嬉しい気持ちになりました。
今回つばちゃんのご両親の相談からシェアさせていただき、私自身も気づかせていただきました。塾超からのアドバイスをうけながら、子どものことの前に親が学んでいきます。
ありがとうございます。

 

ーーー

西茨城校ふみや、りょうたの母です。
いつもお世話になっております。

今日までの3日間、最後まで塾超のトークを拝見しています。なぜか、引き込まれてしまって不思議です(笑)

最近の私は、涙腺がゆるみ…どんなことでも泣けてきます。
つばちゃんのお話ですが…
3日で変わってきて❗凄すぎます。さすが、塾超のマインドセットです。
そしてご両親も不安な想いをしてきたことでしょうね。
もう、前へ進んでいますよね~。
子を持つ親はみなさん同じ気持ちです。
ここを乗り越えていきましょう。明日は、必ず来ます。応援しています。
私自身も今一度、考えさせられとても貴重な勉強をさせていただきました。
逆にありがとうございます❗
なぜか河原塾は、家族の様に感じられます。
他人事になれません。
一人の為にこんなに深く心配をしてくれている塾超に感謝の気持ちで一杯です。
息子二人を河原塾にお任せして本当に良かったです。
何があっても大丈夫ですね❗
息子たちに執着や欲をかかず子育てしていきます。
つばちゃんのお母さま、一緒に頑張りましょうね。

ーー

つばちゃんの成長、凄いですね。本当にまだ3日ぐらいなのに、基本的な生活習慣が身に付いてきたなんて・・。でも、だんだん心の中で葛藤?モヤモヤ?も、出始めてるのかな?人の子ながら、見守りたいです。

毎朝、朝学で学ばせてもらってます。
いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

ーー

 

●3日目夜の報告

 

塾超様
途中経過のご報告です。

5/27(金)

PM 6:50 帰宅&ゲーム開始
*玄関から口笛の音。上機嫌の様子。
*今日は自分の意志で部活を実施
     ↓          
実は昨日、部活が走り込みの日だった
部活の仲間が走り込みをしないで休んで帰る息子に、
「なんで帰るのか?走るのが嫌なだけだろ。」と嫌味を言われたようです。
息子は、「明日やるんだから(走り込みをする)いいだろ。」と反論。
結果、有言実行。走りこんで部活の練習をしてきた。
     
*今朝はゲームを1時間55分実施済み。現在:残り3時間5分。

PM 7:40 夕飯(母:用事のため遅くなりました)
*2回目の「ご飯だよ!!」で食事をとる。
今までは何度言っても聴かず食事をすることはなかった。

PM 7:50 ゲーム開始

以上、よろしくお願いいたします。

 

ーーー


確認しました。
ゲーム終了時間は9時。
5時間達成しなくても、終了、厳守です。

よろしくお願いします。
ーー

承知しました。
たった今、PM9:05ゲームを終了しました。
塾超様のお言葉は一発で効きます。

 ーーー

 

塾超様

体調はいがかですか。頭痛だったとのこと。
早く良くなりますように・・・

息子が床に入り静かな時間になりました。
3日前、突如始まったプロジェクト。
だらしのない我が家の為に、大勢の方が動いてくれてプロジェクトが成り立っている事、
とても申し訳なく、そして、とてもありがたく感謝の気持ちでいっぱいです。
みなさん、本当にありがとうございます。

塾超様、何度もわがままを言ってすみませんでした。
ここ3日間のご苦労が身に沁みます。ありがとうございます。

そのおかげで、今日は息子の為に家族が一つになっているなぁと感じました。
早朝、主人が起きて、私が起きて、息子、なぜか娘が、立て続けに起き出し、何かを始める・・・
見たことのない朝のまぶしすぎる光景でした。
思いもよらないこの現実を数日前は知る由もなかったことです。
不思議です。

息子のどこにスイッチがあるのかも分からず、色々押しまくってもこれまで随分長い間苦労してきたのに
名伯楽の手にかかれば簡単にスイッチが入ってしまう。(ちょっと悔しいですが!)

なのに私達は、私は、いったい何をしてきたのだろう・・・戻すことのできない時間を後悔しています。
分かっていても息子に充分な愛情を注げず、甘えさせず、認めず、突き放し、厳しい条件ばかり付きつけて、
副耳付きで生まれてきた妹ばかりをかわいがり、息子の心はずっとずっとずっと寂しかったと思います。
なぜこのような環境になって慣れていってしまったんだろう。最初の小さなきっかけは何だったんだろう。
思い出せません。人格が曲がっていくのは当然です。
それがやっと思春期に入り反抗して物言いが出来るようになった。
途端、親としてコントロールが効かなくなり、焦りだし、人に助けを求める始末。本末転倒です。
恥ずかしいことです。感情がむき出しになっていたので何も見えなかったです。

途中、何度もこのままではいけないと話し合いをもっても解決できずに日々流れてここまで来てしまいました。
ごめんね、ツバちゃん・・・ごめんね。
大きく羽ばたいてほしい。
お母さんの欲かな、願いです。

LFの進化。
ルールや約束を必死に守ろうとしている姿。
見知らぬ応援者が付いて更に責任が生じ、諦め上手でノンビリな性格がそうでなくなっています。
時間をちょっとオーバーしても守ろうと果たそうとする姿。
10時就寝の約束をギリギリでお風呂に入って髪の毛がビショビショでも寝る姿。
今日は口笛吹いて帰宅した姿。
今まで目について嫌だった姿が、なぜか見方が変わり頑張ってるなぁと微笑ましくさえなっています。

大好きなゲームと挑戦の後の本人の自由な選択を見守りたいと思います。
平日はバタバタとあっという間なのでゆっくりと書かせていただきました。

今日も貴重な体験をさせていただきありがとうございました。

 

 


●4日目

 

塾超様
 
おはようございます。


今朝のツバちゃんは・・・
AM5:05・・・「おはよう。ツバちゃん朝だよ!」すると、なんと1回の声掛けで起きました。


すぐさま片足で布団を蹴り上げ、もう片足で完全に飛ばし、続いて胴体を90度に。
反応が早すぎるので、眠さに負けていつものように逆再生で、そのまま胴体を布団にゆっくり戻し・・


2度寝・3度寝は始まりませんでした。予想外でした。
 
AM5:10・・・顔を洗い、お互い何の言葉も交わさず、静かにルーティンのごとくゲーム開始。
何度も驚いてますが、ほんとに驚きです。
目を疑いました。
 
習慣がみについたのでしょうか。まだ不思議な感覚です。
 
以上、途中報告です。

 

ーーー

塾超様
 
朝んぽ、お帰りなさい!
おやつはとりました。
放送を聞いていますが、LFまだ書いてません。
塾超様が修行に行かれたら、今から何かと心配です・・・
 
5/28(土)
 
ゲーム時間
AM 5:10~AM 6:30 
AM 6:30~AM 7:35
AM 7:45~AM 7:50
AM 8:05~AM 9:00
AM 9:10~AM10:25
AM10:30~ 現在継続中
 
以上、途中報告です。

ーーーー

 

塾超様

 昨晩は、再び夜10時前後に騒動を起こし、大変ご迷惑をおかけしました。
落ち着きを取り戻して安心していた矢先、今日は悪夢でした。
午前中は私と会話もしながら、淡々と調子よくゲームをこなし、
昼にLFが作成出来ていましたが、午後はうまくいきませでした。
徐々に夕方あたりから人の話を聞かなくなり、ゲームを手放せなくなっていました。
休憩を促してもスマホの音楽を聞きながら3DSでゲームをしての空返事。
最近知りましたが、今は複数の友達とゲームをしながらラインが出来て、
おまけに会話もできる(今日はしていない)非常に楽しいハイテクな
遊びのようです。
次第に目は充血し、目つきが変わり、少しずつ人格が変わっていくような、何かが乗
り移っているような、
ゲームから抜け出せずに溺れていく姿を見て初めて怖いと思いました。
完全にゲーム中毒。
その頃には塾超様とLF&学習記録表の提出締切りについてメールのやり取り。
ついには時間が押し迫り、息子が電話で絞められ最悪な展開。
息子は脳内に何らかの成分が放出され制御できず歯止めが効かなくなっていました。
ある意味1日を通して無制限でゲームをする様子を観察出来たので、いかにゲームが
怖いものか
改めて認識できました。
半面、ゲーム中毒というステージに踏み入れて本当に発症したのではないかと不安で
一杯です。
スマホやネットなど、詐欺や怪しいサイトに注意するべきことは知っていましたが、
ゲームに中毒という危険性がある事を知っていれば初めから渡さなかったと後悔の嵐
です。

このような展開になり、塾超様が修行に出られるまで残り数日かと思うと不安になり
ます。
本当に無制限でやらせて良かったのか、或いは解決手段があるのでしょうか・・・
一喜一憂の生活に少し焦りが生じてます。

今日も貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。

ーーー

 

 


●親御さまより

おはようございます。
昨年夏より数ヵ月AD生としてお世話になりました、ゆきバブことゆきとの母です。ご無沙汰しております。
毎朝、お弁当を作りながら楽しく拝聴させて頂いています!

今回の「つばちゃんを救えプロジェクト」ですが、1~2年前のゆきとと同じ状況で思わず、経過が気になりつつ、また頑張っているつばちゃんが微笑ましくもあります。

ゆきとも今は高校1年になり(今年の高校受験では、予想通り志望の公立高校は落ち)、私立高校ですが毎日学校に通っています。相変わらずゲームは手放せませんが、毎朝6時半には自分で起き、バス→徒歩→地下鉄→シャトルバスまたは徒歩と1時間半かけて通学しています。今のところ遅刻も無く、また休みの土日は自分の衣類の洗濯、自室の掃除と言われずとも自分のことは自分でしており、「成長したなぁ」と感心しています(親バカ)。余り勉強はせず気になる所も勿論ありますが…。
ゆきとは朝学には参加してはいませんが、今回のプロジェクトの「子供へのアドバイス」(録画)を金曜日夜に聞かせたところ、昨日土曜日は珍しく朝に6時には起きてその日は図書館で勉強して来たようです。私は特に何も言ってませんし、逆に「親へのアドバイス」を聴いて、ゆきともゲームを極めていいかな。ゲームの才能あるんだな、凄いなぁと思っていたのですが(笑)
塾超の影響力は改めて凄いと思いまた。

つばちゃんのお母さんの気持ちも凄く良く分かります。私も全く同じでした。ウチはスマホではなく単なるゲーム機ですが、勝手に「ネトゲ中毒」だ「不登校になる」と妄想を膨らませては騒ぎ、ゲーム機を取り上げ子供を支配、管理することばかり考えていました(今となっては反省)。
そんなダメ親(私)でも子供はちゃんと成長しています。
きっとつばちゃんも大丈夫!
つばちゃん、そしてつばちゃんのお母様、応援しています!

塾超様

ツバちゃんより、
一枚目のLFを書き終えたので塾超に送って!との事です。
観察していると、ゲームの最中、ラインをして→またゲームをしてと忙しそうです。
大目に見てますが。

以上です。

塾超様
 
5/28 (土)
 
ゲーム時間
13:50~14:50
15:20~16:40
この後、ズルズルでしたので把握してません。
 
途中、休憩を促しましたが
キリのいいところで止められずズルズルきてます。
中だるみといったところでしょうか。
 
今もLFを書くと言いつつ、ゲームに夢中になりまだ未完成です。
今日は自分の心を静めてかなり我慢しました。
 
以上、よろしくおねがいいたします。

ーーー

塾超様

確かにそうですね。
昨日の自分のメールを忘れないように、一日中グルグルと頭をよぎらせいてのです
が。
我慢でなく、はい。見守ります。

息子に先程の塾超の内容を伝えた所・・・申し訳ありません。
空返事です。
だいぶのめり込んで、聞く耳をもってくれません。
只今PM9:00 終了時間を伝えました。
スマホでお気に入りの曲を聞きながら、3DSでゲーム中。
もはや、息子の脳内に何らかの成分が出まくり状態です。

10分経過・・・ゲーム中。LF未完成。→塾超〜!!!優しくミ・マ・モ・リ・マ・
ス。

以上です。

-----Original Message-----
From: KJ [mailto:info@kawahara-juku.com]
Sent: Saturday, May 28, 2016 8:50 PM
To: Mari Nakamine <marishan48@gmail.com>
Subject: Re: 翼母です 《ツバちゃんプロジェクト 途中経過報告》

つばさへ!

LFの書き方規則は、今日はきちんと出来たか?
ルールは、印刷して貼ってあるか?
毎日、それを声を出して読め。

さあ、そろそろゲーム終了だ、
LFはきちんと分けて書いたろうな?

まさか、ダラダラとゲームが伸びて書いてなんてことがあったら
どうなるか、分かってんだろうな?

返事せよ

 

ーーー

塾超様

確かにそうですね。
昨日の自分のメールを忘れないように、一日中グルグルと頭をよぎらせいてのです
が。
我慢でなく、はい。見守ります。

息子に先程の塾超の内容を伝えた所・・・申し訳ありません。
空返事です。
だいぶのめり込んで、聞く耳をもってくれません。
只今PM9:00 終了時間を伝えました。
スマホでお気に入りの曲を聞きながら、3DSでゲーム中。
もはや、息子の脳内に何らかの成分が出まくり状態です。

10分経過・・・ゲーム中。LF未完成。→塾超〜!!!優しくミ・マ・モ・リ・マ・
ス。

以上です。

ーーー

塾超様

ブツブツと何かを言いながら、すぐさま3DSを片付けました。
今はお風呂へ直行し、入浴中です。
出てきたら、ゲーム解除マニュアルを読んでもらいます。

至らず、申し訳ありません。
ありがとうございます。

ーーー

 

●5日目

 

----

5:11 おはようございます。ツバちゃんです。

----

 

塾超様
 
おはようございます。
今朝も1回の声掛けで起きました。
どんな風に起きたかというと、普通です。
 
洗顔後、すぐゲーム開始しました。
今の所、順調です。

 

お世話になります。
「お父さん最近黙ってる・・・」と呼びかけいただきまして、どうもすみません。
私も毎朝5時に起きて朝学を聞き、この4日位は3人でラジオ体操、瞑想も実施するようになりました。
 
私はゲーム嫌いで、全くやりません。
なので、
・ご飯だよと呼びかけても中々止めない。
・姿勢がすぐに悪くなる。
・夜、9時を過ぎても止めない。
という状況に、ゲームをしている姿を見るだけでも苦痛になってしまいます。
 
つい、彼に注意をしても1度で直さなかったりすると2度目には声を荒げてしまい、あわてて妻に止められる事があります。
なので、昨日は外出して姿を見ないようにしていたというのが、本当のところです。
 
先ほど「ゲームに夢中になってるのはだめで、勉強に夢中になっているのはいいのですか」「テレビを見ている時に話しかけられても『もう少しだからちょっと待ってて』と言ってませんか」と、尋ねられて我に返りましたので、今日は冷静になります。


●高1先輩、元ゲーマー、青森みやからのメール

 

つばちゃんのプロジェクトの更新を見ました。
 
最初は、好きなだけゲームをやっていいと思っていたと思います。
初日から10時までフロを忘れてゲームしたのは、やべぇと思いました。
なぜなら次の日に響くし、ブルーライトで脳が冴えてしまうからです。だけど最近、KJ解除マニュアルをだんだん守れるようになってきたのでスゴイと思います。
 
LFも最初は、やったことだけしか書いてなかったけど、だんだんLFらしくなってきたと思います。
パズルゲームとかリズムゲームは、単純作業で練習あるのみなのでLFは書きにくいかもしれません。
LFを書くとしたら赤で
「休憩をこまめに入れる」とか「頭が痛くなったら冷えピタを貼る」とかでもいいと思います。
 
他のゲームは、クリアできたとか、協力できたとかではなくて、パターンハメやボーナス敵の位置などを赤で書くと、それがLFです。
通常プレーもいいですが、しばりプレーもぜひやってみてください。
 
僕はゲームに夢中だったときは、ちゃんとフロに入ってました。寝る直前に入ると寝つきが悪くなるので、早めに入った方がいいです。
トイレも我慢しないでください。
応援しています。


お世話になっております。
 
2時半頃に友達が誘いに来て遊びに行きました。
6時頃帰ると話しておりました。
今はまだ帰ってきていません。

18時過ぎ、時間を守れないツバちゃんに対してLINE電話をつなげる、すると友だちの家でゲーム中。構わずそこに割り込み、すぐに帰って電話するように要求。

 

ゲームに熱くなると時間を守れなくなる、バブちゃんに57分のスペシャル塾超メッセージを実施。

 

自分の行動と立場を認識させ、「好きなことだけやってる奴」は、赤ちゃん以外の何物でもないことを、赤ちゃん向けに、じっくり説明。約1時間。


●お母さまより

 

塾超様
 
今日も朝早くから1日を通して授業があったにもかかわらず忙しいさ中、常に息子を気にかけて下さいました事、お礼を申し上げます。
 
私の子育てにおいて欠落している部分があるために、塾超様が代わりに沢山の気づきを息子に投げかけている様子を見聞いて、「こんな説得力のある親に育てられたら今頃どうしていただろうか・・・」などと考えてしまいました。
 
夕方以降の電話で途中、スピーカーフォンから少し聞こえてきた塾超様の言葉の一つは「時間を守る」ということ。
それは、私たち親自身が守らなければと思いつつ中々守れなかったことでもあります。
そして、大人は別だからと言い訳をしてきたのです。いいはずがないです。
 
そして子供を教育したくとも、教え方が分からず、伝わらず。
ちゃんとしよう、ちゃんとしようと思っても反論や言い訳をされると教えることが面倒になって、怒鳴りつけておしまい。
 
これは、私自身が子供の頃に親からされてきて、散々嫌な思いをしてきたことなのですが、今となってはその嫌がられることを
そっくりそのまま同じことを自分の子供にしてしまっているのです。
 
話がそれているかもしれませんが、原点がこのようでは子供に影響が及んでしまいます。
今日は考えがまとまらず、すみません、瞑想をして心を鎮めたいと思います。
 
今日も貴重な体験をさせていただきありがとうございました。

ーーー

●お父さまより

 

ツバちゃんを見て感じることを報告します。
 
いくつかのルールを課された彼はその中でゲームをやる事が最も優先度が高いと判断しているようで
LFを書くことさえも二の次になっています。
恐らくルールの中から最も楽しい事ややり易いと思うものを選んでいます。
そして、それが長時間ゲームをしなければならないというものだけに、ほかの事はできなくても仕方がないんだという言い訳をしていると思います。
完全に赤ちゃんです。
 
まもなくプロジェクト終了。塾超も不在になる。
かなり、焦ってきました。
 
今、ラジオ体操、瞑想を3人でやりました。
その後、ルールを彼と一緒に見ながら、昨日守れた事、守れなかった事を一緒に把握しました。
 
これから、毎日の日課にする事に決めました。

 

●6日目 


塾超様
 
本当に沢山のことを教えていただきました。
感謝でいっぱいです。
 
仕事に出ますので手短かなメールですみません。
帰ったらメールをさせていただきたいと思います。
修行の準備等でお忙しい中、私達ダメ親子にかかわってくださり本当にありがとうございました。
 
息子が「学校に行ってきますと言ってくれ!」わざわざ言うでしょうか。塾超に心を開いたこと、私も嬉しいです。
子供は信頼できる大人を見極める事ができるのですね。
見習いたいと思います。
ありがとうございました。
では、私も「塾超様!行ってきます!」


18:40ツバちゃん土浦教室到着

 

●生徒達からの反応

 

しょうしょうです。

レジェンドつばちゃんが
平日5時間休日9時間ゲームは
すごいです。
レジェンドの言葉は信用出来ますね。
僕も将棋頑張りたいです。

最後でもいいので、
レジェンドのゲームさばきを見たいです。

ーーー

こんばんは
つばちゃんのゲーム姿が見てみたいです。
5分くらいやってみてください

ーーー

つばちゃん見せて!
ーーー
レジェンド
ありがとうございました
いや、レジェンドは
すごいです。
これからつばちゃんじゃなくて
レジェンドと呼んでいきたいと思います。

そんなレジェンドが来た今日、
将棋界のレジェンド羽生名人の
名人戦第5局が始まり、
羽生名人が大決戦に出た手で封じ手と
なりました。
はたして明日、将棋界が変わってしまうのか?

2人のレジェンドには頑張ってほしいです。

今日は、ありがとうございました。

ーーー

退室します。つばちゃんがあんなこと言うとは思いませんでした。

(あんな事=ゲームは良くない)

ーーー

 

 

Q授業みていますか?

 

A

見ていました。
歓迎の出迎えから感動してしまいました。
塾超のやり方は想像つかないです。
本当に勉強になります。
ありがとうございます。

ーーー


ああ、そうでしたか!笑
たくさんのせんべいありがとうございます!

 

ほんの気持ちです。
塾超様が帰ってきても食べていただけるよう、日持ちするものをセレクトしました。
以前、おやつでおせんべいをお召しになっていたので!

塾超さま、今日もありがとうございました。
翼の緊張をほどき、嫌な気持ちにさせない選択法・・・
笑顔が見られ、安心しました。
本当に勉強になります。
ーーー

 

そして授業中

ツバちゃんから、衝撃の発言が・・・・

 

最終日につづく

 


7日目

 

●お父さまより

 

おはようございます。
 
昨日の教室の様子、拝見しておりました。
どうもありがとうございました。
 
昨日の本人から出た言葉「ゲームは良くない」「制限をかけた方が良い」との事から、本人にこれからどうするのかを尋ねました。
すると、親が制限をかけるのではなく、「自分で制限するから大丈夫」と、言います。
それから、「ゲーム中でも、『やめて』と言われたらすぐにやめる事が出来る」と、言います。
 
いきなりそのように変われるとは、思っていませんが、ひとまずその言葉を信じることにします。
 
それから「今日はプロジェクト最終日なので、今日までやりきって、明日から変えて行く」と言って、今日も朝からゲームをしています。
「ゲームは良くない」と思うなら「やめればいいのに」とも考えますが、これもひとまず信じて、明日からの様子を見守っていこうと思います。

 

----

●お母さまより

 

塾超さま
 
おはようございます。
今朝は5:30起床
1回の声掛けでスーっと起きました。
その後洗顔、ゲーム開始。
寝坊助だった息子は今は嘘のように毎日早く起きることができました。
すでに習慣化しています。
 
《ツバちゃんプロジェクト》いよいよ終わってしまうのですね。
数々の挑戦を1週間に凝縮した生活は、始めは正直キツかったです。
今まで思っても行動に移さなかった事を塾超の指示によって
私達家族がいつの間にかやってみよう!!という努力する方向に向かって進んでいました。
毎日、続けることは大きな力になるのですね、人間としての質が向上した気がします。
多くのことに気が付いて多くの事が出来るようになりました。
これも塾超様のおかげです。
ありがとうございます。
まだまだ未熟者ですが少しづつ前へ進んでいきたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。
 
明日は、私達家族に寄り添ってくださった塾超様が修行で不在になると思うと
「塾超ロス」にかかりそうです。
ある意味、やりたいことをやって反発してきた息子がくじけながらも頑張って進化したバトンを塾超様へ繋げられたなと思います。
 
貴重な体験をありがとうございます。

 

---

 


●親御さまより

 

昨日つばちゃんが、少しだけゲームをやった内容に息子が喜んでいました。
なぜなら、息子が書いたLFの内容の部分をプレイしていたからです。
一瞬で画面を見分ける息子にも驚愕ですが、つばちゃんが素直にゲームしていた事にも驚きました。
「みや先輩に見せよう」と思ってくれたのかな?
 
昨日、塾に行く時には、とても勇気が必要だったと思います。
つばちゃん、とてもかっこ良かったです。つばちゃん、ありがとう!

 

 

5/30教室にて、塾超王冠をかぶるレジェンドつばちゃん!


 

最終日の夜にこういうLINEが入っていました。

とっても可愛い子です。

 

これにて、7日間プロジェクト終了

 


●KJ各校の塾長先生より

 

今回、ずっと裏から見守って頂きましたKJ各校の先生方の感想です。

 

KJ名古屋校 森先生

アウトプット

じゃあ、やりたいだけゲームさせましょう!
塾超の驚きの発言で始まったツバちゃんプロジェクト
ある程度は予想がつくものの、予想以上の大変化で
塾超のポイントを外さないDRCの素晴らしさを目の当たりにして、もうすごいとしか言いようがありません。

ほんの少しの変化(表情、態度)を見落とさず、
プラス面のところは 大げさすぎるほどに評価し、
結果的にはそれで 承認欲求と自己評価が高まり
善回転へと進んでいくその典型のような例でした。

自己認識できれば こんなに大きく変わる
勉強は教えなくても出来るようになっていく真髄がここにあったと思います


行くのを嫌がっていたつばちゃんが、教室に来た時の
塾超の大げさすぎるリアクション
言葉だけでなく、態度で本人にアピールして歓迎の意を
十二分に伝えることの大切さ、
これで、本人も今日は来てよかったと気持ちが前向きになったはずです。
硬かった表情が 途中から笑顔に変わり
drcが聞いているのがわかります。

徹底的に ツバちゃんを評価しやりきることの大切さを強調
ヒーローに仕立て上げられ、もうおかしな行動はとれない存在に

ほかの子たちの前で彼の行動が如何にすごかったかを強調しながら
生活習慣の大切さを改めて全員にアピール!

しかも 好きなことをやりまくっているのに 特大の満足感の得られないつばちゃんに
人間として守るべきルールがあることを自然に、腑に落ちるように納得させてしまった
塾超の作戦とトーク、いつの間にかゲーム=勉強に


そして、一言もゲームは否定していないのに、本人の口から
『ゲームは良くない』の衝撃の発言。

ばぶばぶちゃんから、1歩前進、さらに1歩前進。
途中きつい言葉も掛けられながら、
本人はうまく表現できないながらも、確実にいろいろと気が付いていった。
勉強をストップさせてのゲーム三昧の日々の自分のしていることに
やっと認識が進み 一気に気持ちが変化していきました。

徹底して1つのことをやり抜くことの有意義・大切さ
良い生活習慣を守ることの重要さ。

わずか6日で、親を含め意識がすべて変わってしまいました。
塾超の的確なDRCのすごさを見せていただきました。


この策で進めばこうなる、
こちらの方法ならこうなるであろうと、
その先の落としどころもしっかり予測されて
ツバちゃんを引っ張っていかれたと思います。

あのウザいメールのお母さんが大きく変化したのも見逃せません。

常に嬉しそうに 楽しそうに話しかける塾超が
子どもたちを救っていくのですね。

修行前のあわただしい中 ありがとうございました

ーーー

 

KJV校 臼井先生

勉強・部活は一切やらなくていい。ゲームだけ徹底的やれ。
好きなことを好きなだけやったらいったいどうなるのか?
このプロジェクトの動向を全国のKJ生、親たちはきっと固唾を飲んで見守っていたに違いない。
結果、その先に満足感はなく、どこかモヤモヤ感がつのってやりきれない思いを抱かせることになり、ツバちゃんに大きな電気ショックを与えた。
まさしく「究極の自己認識」である。
本人の口から「ゲームはよくない」「制限をかけた方が良い」という言葉を引き出すためにここまでやらねばならないということ。
そのためには、何よりも指導者が良い意味でマジでなければ決して伝わらない。
好きなことを徹底的にやることを通じて「ルール」「時間感覚」「生活習慣」など多くの気づきや大切なことを学ばせた。
自然でシンプルであるがゆえに、思い切った発想となり突拍子もなく難しい。
しかしすべては計算しつくされている。
こうした指導ができる人は、この日本にどれくらいいるであろうか。
一般的な指導であれば、本人の気持ちのしこりを取り除くことなどできない。そのため表面上の対処療法に走るのがオチである。
ひいては更なる時間制限やゲーム機を強制的に取り上げるなど物理的手段へとつながっていく、、(おそらくこうした場合、本人はあっさりと破ってしまうにちがいないであろう、、)
途中でも自らの意思で夜10時には寝る、一度の声掛けでも早朝に布団から飛び起きるまでに意識が向上し、さらにゲームLFのブラッシュアップとLF自体への気づきも見られたことは大きい。(勉強になったとしてもスムーズに切り替えられる)
一週間前のツバちゃんからとても考えられないこと。まさに大進化である。
笑顔、声の張り、口笛♪、布団を蹴飛ばし起きるなど、心が解放された子どもの行動は生き生きとして力強く、逆に見ているものにまで勇気を与えてくれる。
またツバちゃんが来塾したときの塾超の歓迎ぶりは我が子に対する対応そのものであった。
来ないと思われた教室に来た。という行動をおこせたツバちゃん、自らの足で一歩一歩力強く前に踏み出す様子。
さらに「ゲームでなく勉強をやる」といった「ゲーム」から「勉強」へ少しシフトしはじめた瞬間。
感動である。
そこには終始存在を認め、勇気づけるということが根底に流れている。
心ここにあらずの状態では勉強なんて土台無理である。
親が自分の欲を子どもに押し付ければ押し付けるほど、子どもの心はドンドンくもっていく・・・。
ありもしない「理想の我が子像」をつくりあげてしまった、その典型であったように思う。
心をクリアにして初めて他のことが乗っかってくる。このことを忘れてはならない。
これは絶対的な真理であろう。
特に今回は公開DRCという側面があり「ツバちゃんプロジェクト」として、全国のKJ生、親をも巻き込んで、徹底した報告メールやLINE、直電、さらには朝学という場をすべてオープンにしたこと。ゲーム中毒のツバちゃんにスポットを当て、全国の注目の的であると意図的にヒーロー化したことも大きい。
勇気をもらいました。これぞDRC。
ありがとうございました!

 

ーーー

 KJ佐渡校、金魚先生

 

「ツバちゃんと親を ”本気で” 救う7日間プロジェクト 」の推移を見ていて、、最初の毎日5時間、休日9時間やることを義務とするという塾超の提案にツバちゃんが乗ってから、KJゲーム解除マニュアルを守らせつつ、親、KJ生全部を巻き込んで、最終的には、「ゲームはよくない」というツバちゃんの言葉を引き出したのは、見事です。ただ、長時間やらせるだけではなく、LFをつけ、早寝早起きを義務とするなどということは、普通だれも思いつきません。佐渡校にも、ゲーム、ライン、ユーチューブに毎日4、5時間、寝るのが1時すぎ、起きるのが7時すぎという生徒が男女数人います。どの子も麻薬のように、スマホに取りつかれて、成績も5科目で200点以下という結果。以前、スマホは時間を決めてと本人だけに指導しても、そのときは「はい。やってみます」と返事だけはするが再度聞いてみると、相変わらずの状態のようです。中三女子とは、最近勉強するというより、就寝時間をまず11時にすること、起床は6時45分にという本人の申し出を、いかにして守らせ、現状ほとんどゼロの勉強にむかう気になってもらうかという課題に取り組んでいます。今回のツバちゃんの事例での塾超の対応を参考に、スマホ中毒、超低学力の生徒たちに接していきたいと思います。

 

ーーー

KJ西茨城校 前鬼先生

昨日の土浦教室でのつばちゃんの言葉がすべてを物語っています。

ゲームはよくない、、、

生で見ていた僕は、思わずLINEにも書き込んでしまいました。
まさか、ゲーム中毒のつばちゃんがこんなことを言うとは、、衝撃の瞬間でした。


今回のつばちゃんのプロジェクトは、つばちゃん親子、そして、KJに通う親子たちも巻き込み、さらに朝の生放送の時間を使っての一大プロジェクト。
塾超が修行に行く前の1週間という限定された期間だけに、なんとも凝縮された指導であった。


塾超は、つばちゃんにゲームを辞めさせるどころが、逆にゲームを推奨。平日5時間、休日9時間、勉強はしなくていいから、ゲームを徹底してやれ!
これは、DRCでいうところの究極の依怙贔屓であろう。
ゲーム中毒の子に、あえてゲームを与える、、普通の指導ではありえません。


しかし、ここからが塾超指導の違うところでした。時間制限なくゲームをやる代わりに、徹底して生活習慣を守る、ゲームLFを書く、などといったルールを設定。
人間社会にはルールがあって、ルールが守れれば、何をしても自由だということを身をもって経験させる。
案の定、生活習慣を守れないつばちゃんは、電話で直接指導し、ルールを守れていない自分に気づかせる。ルールを守れないのは赤ちゃんと同じ。
これを繰り返し繰り返し説いていく。


塾超は決して押し付けるわけではなく、常に優しい口調でつばちゃんに接していました。
きちんとつばちゃんの話も聞いてあげて、一度も勉強をやれとは言っていません。そうして、つばちゃんは塾超に心を開いていきました。


塾超は、親のケアも忘れません。
トークライブを彷彿させる回答、そして、他の親からの励ましのメールの数々。
つばちゃんの親も不安の中、同じ境遇の方からのメールはとても励みになったと思います。


Web授業の感想で、ゲームよりも勉強をやる、という感想が多い中、つばちゃんにはゲームを徹底させ、よかったところはきちんと褒め、ルールを守れなかったところはとことん指導し気付きを得させる。
そして、つばちゃんをKJのヒーローに仕立てあげていく。


そして、これらがすべて噛み合っての、昨日のつばちゃんの一言なのである!

塾超はつばちゃんに明るく接し、つばちゃんの表情もとても明るい。ゲームをすると思いきや、勉強をしていたつばちゃん。
ゲームを思いっきりやった結果、つばちゃんが気づいたことは、

『ゲームはよくない、
制限をつけましょう。』

これがゲーム中毒のだった子の言葉だろうか!!
びっくりというより、感動してしまいました。

究極の依怙贔屓、人前にさらす、気づきを得させる、そしてヒーローにする、まさに塾超のDRCコーチングの真髄を見せていただきました!
そして、塾超の親子への細かいフォロー、本当にいつもながら勉強になります。


ルールに気づいたつばちゃんは、きっとそのうちゲームが勉強に変わっていくんだろうなあ。
そのときを楽しみにしています!


ありがとうございましたm(__)m

 

ーーー

KJ関連塾 小山塾長

 

 つばちゃんは、このプロジェクトで、大きな進化を遂げた。
少なくとも塾超が修行に行ってしまう直前の5月30日夜までは…

最初は、ただ単純にいくらでもゲームが出来ることに喜びを感じたはずだ!
きっと「やったー!」と言う気持ちだったと思う。
2日目(?)「塾超行ってきまーす」と元気に言えたのは、そんな気持ちだったからだ。

しかし、少しずつ様子が変わってくる。

KJゲーム解除マニュアルを示され、平日5時間、休日9時間。
朝は起きたらすぐに2時間のゲーム。
部活や友達との遊びもゲームをしない理由にはならず、徹底して、マニュアルを守るように指導を受ける。

「好きな時だけ好きな時間ゲームが出来る」と思っていたつばちゃんは、
塾超の徹底した「ルール厳守」に気づき、戸惑いを見せるが、それでも、ゲームは続く。

そして、プロジェクトも後半に入った頃、少しずつではあるが、

ゲームが別に悪いなどと塾超は一言も言っていない。やりたいのなら徹底的にやればいい!
ここで、学ぶべき大事なことは、「ルールを必ず守ること」。

それが出来るのが成長した人間である、ということ。

これに気づき始めた。
これは、このプロジェクトの傍観者である他の子供達も同じ。

この頃の元気に「行ってきます!」は、ほんのちょっと自分が成長した自覚の表れか。

そして、最後につばちゃん通塾。
ここでついに爆弾発言!
「ゲームは悪い」と。

おそらくこれは、ゲームが、というよりも、
「自分の生活習慣を崩してものは悪い」という意味だったのだと思う。それが、つばちゃんの場合、ゲームなのだという事に気づいたのであろう。

つばちゃんは、このプロジェクトで、大きな進化を遂げた。
少なくとも塾超が修行に行ってしまう直前の5月30日夜までは…

塾超が千葉の山にいる間のつばちゃんの行動に興味津々なのは、
決してBだけではないであろう。

今回、塾超のコーチングによって、目覚めさせられ、進化したのは、つばちゃんだけではない。
他の生徒、その親御さんたちの、数十名、いや百人を超える人間が、塾超によって、導かれたと言っても過言ではないであろう。
そして、多くの親達が、1つの方法として、この塾超のコーチングを真似するかもしれない。しかし、やみくもに上辺だけ真似しても
おそらく期待する効果は得られないと思う。子供によってケースが変わって来るだろうし、また、塾超の様に、塾生、親への大きな愛情があって、味方なんだ!ということを相手に伝えながら行なっていくことも難しいことだ。
それよりも、こんな状況を作り出さないことが先決だ。

最後に、今回のプロジェクトを通して復習してみれば、内容は理解できる。しかし、「つばちゃんとその親御さん」を自身の修行の前日までに完成して見せた。
今まで、こんなハイレベルのコーチングを見たことがない、凄みさえ感じた。

対処療法なんて一切ない!
心の芯から変えていくコーチング。

まだまだ、自分は、塾長として、何も人々に提供も安心感も大きな信頼も与えることが出来ない。
怠ることのない日々の精進を改めて心に誓った、自分にとっても
大きなプロジェクトだった。
そして、親としても大きな気づきがあるプロジェクトだった。

ありがとうございました。
以上です。

ーーー

 

KJいわき校 矢吹先生

 

翼ちゃんプロジェクト考察

ゲームをやれれば幸せ、それでいいという翼ちゃんはかなりのゲーム中毒、片時もスマホを離さない生活で、お母様によれば家庭崩壊の一歩手前まで追い込まれている状況。
いままでもゲーム中道の子はいたが、今回はかなり状況が醜く深刻なように思えました。

というも、翼ちゃん本人がまだ中2になったばかりとは言え、自分がばぶばぶちゃんで自己認識ができていないことすらまったく気がついていない。
そしてその上に翼ちゃん母は、かなりの自己中でエゴのかたまり。この事態を招いている根本の原因、子どもを支配して潰していることにまったく気づいていない。
限られた時間の中、正直この親子にはさすがの塾超でも手こずるのではと初めは心配してもありました。

平日5時間、土日の休日はゲーム9時間というのはかなりの好き者でも引きそうな話でしたが、案の定、翼ちゃんは好きなだけスマホのゲームがやれるという「スマホ使用解除」に乗ってきました。
しかし、そこには厳しいルールが。ルールを守らないとゲームを好きにはできない。
好きなことやるのはいいが、それはルールを守った上でのこと。
塾超は、ここで人間がルールを守る大切さを厳しい口調で説いてます。

お母様は、「さらし者にされている」と、早くも涙口調で音を上げ始めましたが、塾超の手綱は緩みません、翼ちゃんの緊張感もピークに。河原塾の全国の生徒と親が固唾を呑んで見守る展開になりました。
翼ちゃんはもちろんルールを守れません。無理はしなくていい。気持ちがちょっとでも変わったら報告して、翼ちゃんの痩せ我慢を見透かしたようです。
翼ちゃんは、好きなゲームをやるために、そして自分で言い出したことを守るために必死でしたが、必死にやればやるほど自分の自己認識ができてきました。
やっと自分のやっていることに気がつき始めたのです。大きな進歩です。この辺りで頑なだった心境にも変化が見られてきました。お母様も家族の方も、ようやく塾超の方向性がわかってきました。

そして、昨日の土浦教室での出来事。もう、これは本当に塾超にしかできないのでは!と思ってしまいました。
バシッバシッと大げさな歓待。緊張気味だった翼ちゃんの顔が緩みます。
そして、君はKJのヒーロー!と思いもよらない展開。
いままでゲームがすべて悪から、一転してみんなに認められるすごい存在に。自分が認めらた嬉しさでいっぱい、笑顔が弾けます。
おもいっきりの笑顔の後に、彼は驚くべき一言を言います。
何と『ゲームは良くない、制限を付けた方がいい』。
ほんの1週間前にはスマホ中毒でどうにもならなった子が、ウソのように変わってもの凄く進歩したのです。

また、翼ちゃんの指導を可視化させて全国の生徒と親に大いに注目させたことにも非常に意味があったと思います。注目させることで中途半端に逃げ出せない環境ができ、このプロジェクトに正面から向き合うことができたと思います。当初こそ本人はいたたまれない面も感じられましたが、みるみる良くなって成長していく姿に最後は羨ましがられる立場に。
これを見ていた生徒も親も、自分に置き換えてとても勉強になったと思います。

ダメなものは、親でも子でもはっきり言う。ダメな理由もはっきりさせる。
自己認識の大切さ、気が付かなければ何も始まらないことを教える。

これを妥協なしに通せば当然に摩擦も大きくなり、並みの指導者であれば腰が引けてしまうが、真の指導者であれば真剣にマジでやればその姿勢は相手の子にも親にも伝わる。
そして塾超は、ほんとうにフォーローがうまい。辛辣で厳しい事は言うが相手の子にも親にも細やかな気遣いと細心の配慮が感じられます。まさにDRCコーチングの真髄です。

子どもへの深い愛情と思いやり、何より塾超は味方であるという強烈な自負と行動が伴わなければこのような指導はできないという事が、よくわかりました。

修行までの時間の限られたお忙しい中、たいへん勉強になりました。ありがとうございました。

 

ーーーー

KJ姫路たつの校 合田先生

 

「ゲームを勉強は同じ価値である」と言えるだけでも次元が違うと感じていたが、今回の「つばちゃんプロジェクト」で、塾超は完全にそれを証明してしまった。

はじめは母親の妄想から「血祭り」との誤解も受けたが、KJの多くの親から励まされ、他のゲーム小僧たちからは「レジェンド」と崇められ笑、世間的には「ゲーム狂いのダメ生徒」から、まさに新たなヒーローの誕生となったのは、塾超マジックとしかいいようがない。
それは本人の最後のコメント、「じゅくちょーのおかげでゲームに対する執着心を捨てて、勉強に移れそうです。」これに全てが集約されている。

またつばちゃん本人だけでなく、いやそれ以上に変わったのは、彼の両親だろう。「匿名希望」で始まったメールも、結局全て公開されたことで、多くの親子に気づきを与える一大プロジェクトへと変わっていったのは、彼らにとって予想以上の驚きそして喜びになったのではないかと思う。

そして気づいたのは、この顛末を見た多くの親たちの「うらやましい」という感想だった。
みんな塾超に構ってもらいたくて仕方がないのだ。
「厳しくても本当に信頼できる人間から指導を受けたい、叱ってほしい」
これは子供のみならず、悩んでいる多くの親が持つ共通の感情なのだろう。

だから我々JEXもさらに修練を積んで、悩む親たちを救っていかなければならない。塾超ばかりに苦労させてはいけない!
自分もこのような使命感を新たにした次第である。

塾超はこれから瞑想修行に入り、さらに高い次元に進化されることだろう。
自分も今回は意を決して、4日間だけだが修行をすることにした。塾超と時期が重なったのは驚きだったが、これも全くの偶然とは思えない。
これからの人生、さらに全てを受け入れ、隣人に仕える者となっていきたい。

 

ーー

KJ北九州 尾曲先生



ツバちゃん考察
ゲーム三昧、家庭崩壊寸前と、いわゆる最悪の状態からの劇的な生還劇です。
1~3部を通して、DRCによって、ツバちゃんの変化がはっきりと見て取れます。

自分で決めたことをやりきることが大切。しかも、好き勝手にやるのではなく、そこにはルールが存在すること。

1部では、好きなゲームにどっぷり浸かっているはずのツバちゃんに気持ちに変化。
好きな時に好きなだけやりたかったゲームがルールの中ではイマイチ楽しくない。
でも、「好きな時、好きなだけ、好きなこと」が許されるのは赤ちゃんだけ。
そして、日々の生活の中で、ルールを守れないのは「勉強」だからでなく、大好きな「ゲーム」でも同じだということに気づかせる。

2部では、ついにツバちゃんの口から、「ゲームは良くない」という言葉が飛び出す。
途中でやめられないのがダメなところなんだというところまで導く。そして、この先12日間の過ごし方で、いくつかの選択肢を提示。ここまで気づいてきたツバちゃんだと、元に戻るという選択肢ないはずなので、それだけでも大きな進化です。

3部では、「ここでの勉強は自分で決めたことだから、ゲームの時間にいれていい。ゲームやってるのも、勉強やってるのも一緒だから。」 このフレーズも、自分自身で決める。そして、それをやりきることの重要性を中学生にもわかるように、とても簡単に伝えています。

終始、強制するところはまったくなく、すべてツバちゃん自身に考えさせ、自分で決めるように促す。この1週間でとても大きな気づきを得たことでしょう。
やりきったヒーロー、ツバちゃんはレジェンドに!そして、王冠を。ゲーム好きな子には堪らない演出です。その中で、ツバちゃんは自ら「ゲームは良くない」という大きな気づきを得た。これこそが、真のDRCだと思います。普通の指導なら、絶対にこうはなりません。