SK特別・21時間合宿レポート

 

8//14.15 の両日、夏期講習の合間に21時間の受験特訓合宿が行われた。

 【1日目】

未知の時間数を勉強で過ごす2日に不安と期待を抱きながら、第一日目が

スタートした。

まずは、数学の基礎練習から、随時テストが入る。塾長が目を光らせ片時も

気が抜けない。 1日目の夕方が一つのヤマとなるのだ。

 

順調な滑り出しです。  参加者、保護者の皆様ご心配なく。

宿泊は、「ホテルマロウド筑波」に決定しました。

 

ホテルに到着すると、すぐに勉強の用意だ。部屋が多少暗かったので、

補助の電気スタンドも借り、各自の勉強場所を確保。

 

渡された課題は「歴史」。 昼間は数学をしっかりやったので、夜は、暗記もの

中心となる。1時間で古代から現代までの流れのプリントを確認テストで提出。

 

その後、22時から、塾長の部屋に全員集合。ここで、なんと塾長の歴史の

 

  「秘密授業」

 

が行われたのだ。時間は約2時間。日が変わるまで、歴史の特別授業が続いた。

写真を見れば、至近距離での塾長の語り掛けるような、リアル授業が想像できる

でしょう。

 

これが受けられるだけでも、合宿の価値あり!?

今年は、おそらくこのSK合宿だけでしか受けられない直接リアル授業だ。

(現在、すべてDVD化されていて塾長のリアル授業は行われていない。)

0:00に解散。その後、各自の部屋に戻り就寝。

 

【2日目】

朝は、7:30集合。

すぐに13Fのレストランで朝食。

 

しかし、あまりにも豪華すぎて、実は塾長のイメージと多少違ってしまった。

合宿は、旅行ではないので、お前ら贅沢すぎる!と怒りながらも笑顔。

 

霞ヶ浦のすばらしい眺めを横目に、豪華朝食が終わるとすぐに部屋に戻り、

朝の勉強開始。 もちろん数学だ。 面積、体積の問題に挑戦。

 

10:00にチェックアウト

 

10:10には、すぐに教室で学習開始。このときすでに14時間目をすぎた。

各自の演習をサクセスロードで行う。

11:00 ホテルでの英語のテストの解説、解答。

 

12:30 昼食は、SK自慢の料理がでた。鉄板焼き肉だ。

  みな、毎回の食べ物には驚きながら、一気に平らげる。

  さて、時間は、17時間を過ぎ、予想通り、疲れるところか逆に集中力が

増してくる。教材はやり慣れた、サクセスロードだ。すごい集中力を維持

しながら、16:00のティータイムでお茶と飲めるかどうかのテスト。

 

無事テストをパスして、ティータイムを終え、最終21時間目に突入。

あっという間の終了時間17:30、これでは満足せず、30分延長。

 

今回も、振り返ってみるとあっという間の2日間だった。

21時間をやり遂げた勇者には拍手を送ろう。君たちは、普通ではなかなか

体験できない学習経験をして、これから厳しい受験に自信をもって挑んでほしい。